各国のペット事情ってどうですか?

1イヌ♂

やっぱり日本より住みやすい?(住みやすそう?)

229妹 ◆.LlKAkH4Jk

>>1

住みやすそうの基準がわかんないけど最近思うのは

日本はペット関連の事業とかも他の国より多いと思うので

ケアに関しては他国に比べて優れてるといるように感じる

(もっとすごいとこあるかもしれないけどさー)

で、劣っているのはやっぱりぺットと人間が一緒に行動

出来る場所が少ないことが一番だよねー

フランスにいたときはスーパー、サブウェイ、カフェ、デパートとか、

とりあえず駄目な場所のほうが少ないんじゃないかと思うほどだった

もちろん、犬の大きさにもよるし、スーパーとかは実際マナーを考えると

連れて行っていい場所とは思わないけど。

でも日本も最近犬と行けるカフェも多くなったし、賃貸アパートやマンション

も犬連れOKも増えたし、それほど悪くないかなー、と思う

17名無しさん

ドイツでは基本的にどこにでも犬を連れ歩くような感じです。

電車にも乗れるし、大学に連れて来ている人もいる。

そのせいもあって全般に躾はきちんとしています。

犬種によっては口輪と鎖が必要です。

ただ州によって規制はかなり違います。

19名無しさん

大型犬は口にマスクしないといけないとかある?

ペットに関する法律ってどうなの?

例えば、4m以上のワニはかってはいけないとかね。

21イヌ♂

>>19

前にも書いたようにむかーしヤフーで見かけたのは

イタリアは大型犬は口輪。詳しいことはきっと、たきーのさんあたりが・・(期待)

>>17

ドイツも口輪ですか。

やはり欧州はペット関係進んでるだけあって厳しいですね。

でもどこにでも連れていけるならわたしゃこっちの方がいいですね。

米の話ばかりになりますが、人が海水浴・サーフィンするビーチは連れてきちゃダメでした。

そのかわりdog beachなるものがあってそこだけで遊ばすことは可でしたけどね。

いいんだか悪いんだか・・

27たきーの ◆l8Takino

>>21(犬さん)、

その口輪に関しては知りませんね。

街ではよくそれをしている犬を見かけますが。

あと、イタリアでは日本種犬がすこしずつですが流行ってきました。

今年の初めにも紹介されていましたね。

確か、秋田犬は”akitainu”、柴犬は”shibainu”か”shibaken”だった思います。

その飼い主はイタリア人でした。

日本人で日本の犬を連れている人は、日本から連れてきている人が多いようですよ。

42名無しさん

動物愛誤たちには欧米マンセー者が多いからね。

545名無しさん

>42タン すみません、ちょとワラタw変なのですね・・・

77名無しさん

フランスでウサギはペット?食用?

79名無しさん

>77

フランスでもウサギ食うの?

80名無しさん

>79

食いそうなわけだが

81名無しさん

>80

ウサギおいしかのやま

10098

ついで。

赤子が死んで当分メシ食わなかったよ。そのロット。自分の子でもないのに。

101名無しさん

海外で犬猫を飼う人に質問。

帰国の際はどうします?連れて帰ります?連れて帰りたいのですが

検疫のために2週間も離れるとなるとおいて帰ったほうがかわいそうじゃ

ないカナとも思います。今は私以外の家族のいる家で他の2匹のワンタンも

一緒なんです。でも連れてかえるかっていうワンコは私が飼い主。

もちろん家族はおいていったほうがいいといいますが私がさびしいのかも

しれません。

104名無しさん

>101 長い一生のうち、2週間てその何%?

おいて帰るのって無責任だと思いません?

飼うんだったら自分で最後まで面倒を見るのが筋でしょう。

>100 涙がでる。その後、どうしてるんだろうね、ロット。幸せだといいね。

107名無しさん

>>104

それも思いました。でもその2週間でノイローゼ気味に

なてしまうこともあるようです。

検疫所の獣医さんとも実家近くの獣医さんとも

電話で話したのですが2人ともおいてこれるならおいてこいと。

悩みます

124名無しさん

私は後悔してるよ。逆のパターンで、日本の親にネコちん預けたまんま。

10時間飛行機に乗せ、1ヶ月拘留させられるなんて、あの子にとって

どうしてもかわいそうな気がしたの。だけど、

自分が我慢ならなかっただけじゃないのかって感じ。

ペットにとったら、それまで幸せに楽しくやってきたのに、

突然一緒に暮らしてる人が変わるなんて、そっちのほうが

嫌じゃなかろうかと、最近思い始めた。

たとえ、フライトなのどのせいでペットの寿命が短くなろうと、性格が変わろうと、

また一緒に暮らしたとき愛情を今まで以上にもっと注いであげて

お互い後悔しないように生きて欲しい。

125名無しさん

>>124

十分に幸せだと思いますよ、猫ちゃん。

可哀相って事は無いと思います。

ただ、海外に連れてきても大事にされたでしょうね。

どっちが幸せかって聞かれたら、猫に聞くしかないですね。

126名無しさん

現行の制度下では、入国時の犬猫の係留は絶対条件。

よってペットに何らかの身体的精神的負担がかかることは避けられない。

どの程度のダメージを受けるかは個体次第だが。

ペットを連れて帰りたい、ずっと一緒にいたい、という願いと

入国時に彼らに負担をかけたくない、という思いは矛盾しており、

同時に両方を満たすケースはほとんどない。

結局、連れて帰って「やっぱり連れて帰るんじゃなかった」か、

連れて帰らないでペットのつらそうな様子を聞いて「やっぱり連れて帰るんだった」の

どちらかの後悔をする可能性があるということ。

どちらの後悔を選ぶかは飼い主次第。

もちろんこれは可能性であって、必ずしも後悔するとは限らない。

いろんな要素を考慮して可能性の程度を突き詰めることはできても、

最終的には運を天に任せ、自分の選択が正しかったことを祈るしかない。

いわばこれは賭け。

ペットと暮らしている人間が帰国する際に、降りる事は許されない一種の賭けだ。

127名無しさん

>>126

あ〜、賭けだなんてそんな・・ゲーム事みたいな言い方してぇ

>>125

>十分に幸せだと思いますよ、猫ちゃん。

こ、こみ上げるものが・・。ありがとう。

自分でも素直にそう思いたい。でも、自分がしたことを自分で許すつもりはないわ。

「最後まで飼えない奴は最初から飼うな」と一般的に言われてますよね。

そうりゃそうだ〜って思うから、こらからずっと反省して生きていくよ。

こんな思いするくらいなら、やっぱ一緒に住もうっと思ったりもするのだが、

私は海外転勤族という立場、ふんぎりがつかず、

もちろん他にペットは飼うつもりもない。

離れるとね、本当にその子のことがたまらなく恋しくて恋しくて仕方なくなりますよ。

私の親が死ぬほど可愛がってくれてるから、安心して預けてるけど、

あの毛並み・あのニクキュウ・添い寝・甘えた声でニャ-・

軽くネコパンチ&ネコキック(ネコちんの場合ですみません)などなど、

楽しく過ごしたこと思い出さずにはいられないよ。

そして寂しくなって、もしかしたらあの子もこんな寂しい思いしてるんじゃ・・って

申し訳ない。捨ててしまったも同然だ。

もうね、忘れたいぐらいにつらいよ。

あんなに私を癒してくれたあの子を捨ててきてしまったんだよぉ〜っていう思いとか、

そういうの我慢しなきゃならないんだよ。

私は、フライトや係留よりも、ペットにとってはかわいがってくれた飼い主と離れることの方が、

つらいはずだと、思わずにいられないです。

ペットにも感情はあるでしょう。

ハチ公だって、待ってたじゃん〜

悲しいよ〜

130名無しさん

>>127

>私は、フライトや係留よりも、ペットにとってはかわいがってくれた飼い主と離れることの方が、

>つらいはずだと、思わずにいられないです。

>ペットにも感情はあるでしょう。

感情があるからこそ、みんな係留期間の苦痛と、離ればなれで暮らす辛さとを

秤にかけて苦しんでるわけだが?

132127

>>130

>感情があるからこそ、みんな係留期間の苦痛と、離ればなれで暮らす辛さとを

秤にかけて苦しんでるわけだが?

ああそうか。感情はあるのはわかっとるのか。

そのフライトや係留期間さえ乗り越えれば、

あと長い間一緒にいられるんだよ。

それも辛いってことくらいわかるけど、

あとのことを考えたら、そうした方がいいと経験してみて思った。

知り合いのペットで、性格がおかしくなったワンちゃんも見てるけど、

だったらなおさら、もっともっと愛情注いであげて、

とにかく一緒にいてあげるべきなんだと思った。

同じ後悔するなら、ずっと一緒にいたいがために、

かわいそうな思いをさせてしまうほうをおすすめします。

134名無しさん

君たちがペットを愛しているのは分かったから、

せめて、言いたい事は論理的に言おうな。

138名無しさん

>>134

だったらまずお前が論理的に言いたいことを言え。

自分にはなんの意見もなく、

批判することだけに命をかけてるような愛情のかけらもない

単純で小さい奴はとっとと失せろ。

146名無しさん

>>138は

139名無しさん

もう、つまんないことでツベコベ言ってる134なんかほっといて、

かわいい動物たちのこと、どんどん語りましょっ。

141名無しさん

あーあ、なんでこんな見え透いた煽りに釣られるかな?

>>138>>139よ、阿呆かお前らは。

目の前でヒモゆらゆらされたネコみたいに反応しやがって。

罰として校庭50周!

186名無しさん

うちの近所でも猫は見かけないなあ。

リスならよく見かけるけどなあ。

188名無しさん

>186

リス好き発見!

205名無しさん

EU内って毎回検査するの?

206名無しさん

>205

何の検査さ?

218名無しさん

>217

オマイ、イイヤシだな。

226弟 ◆.LlKAkH4Jk

>>218

∧_∧

(.´_ゝ`) フーン おマイって最低

(|__|)

||

221弟 ◆.LlKAkH4Jk

  〈\     /〉

) \-─-く (

彡  ”   ,、 iミ

(  ●  ●)

/ ー、_9ノ

| (*´3`)   <これ

|(ノ   |)

人丿ω丿

UU

247名無しさん

今ロシアに住んでいますが、飼い猫が一匹います。帰国時は日本につれて帰りたい

ですが、可能でしょうか?どんな手続きが必要でしょうか?

248兄 ◆tsGpSwX8mo

うふふ、ここもブクマク。

>>247

可能です。農水省の動物検疫所のHPになんか書いてありました。

hhttp://www.maff-aqs.go.jp/tetuzuki/92.htm

メールでも送って聞いてみたらどうでしょうか?

ポイントとしては、ロシアだと狂犬病の発生が結構あると思うので

地元の獣医で、出発の1ケ月以上1年未満のうちに狂犬病予防注射を打って、

健康診断書をしっかりと英語で作ってもらうことだと思います。

空港の検疫所にて、狂犬病を引き起こさないか確かめるために

18日以上動物を預けなければいけませんが、業者がしっかりいて、

なんだかいろいろと世話をやいてくれるようです。

256247

>248

ありがとうございます、なんとか猫タン連れて帰れそうです。

周りの中国人がこの猫可愛いと、おいしそうな食べ物を見る

目つきで言っていたので不安でした。ありがとうございます。

ところで、猫を持ち込む際の航空料金(貨物扱い?)はどうなのでしょう?

それから猫は、機内持ち込みでか?貨物扱いだと、貨物行き?

たしかエールフランスの貨物に乗り込んだ不法移民?が凍死しましたよね?

猫タンは大丈夫でしょうか?教えて君ですみません。誰か教えてください。

258名無しさん

>>256

行く国によって、運び方が違うと思います。日本に入る場合は持ち込みでも

オッケーって聞いたことあるけど、ちょっと自信がないので、ちゃんと

調べてみてください。

貨物扱いと持ち込み扱いの経験がありますが、どちらも大丈夫でした。貨物

のときは、業者さんにたのんだので、かなり高かったです。

ただ猫が置かれる場所って、運におまかせのような気がします。飛行機の

中に運ぶ人が動物好きだったら、一応考えて安全な場所に置いてくれそう

だけど、興味のない人だったら、猫って物と同じなんだろうし。悲しいこと

だけど。

303名無しさん

動物が死んだ場合、どうするの。

韓国人の友人曰く「埋めろ」とのこと。

「食べろ」という言葉を期待していたこちらの心を読んでいたらしく、

冷ややかな言い方だった。

304兄 ◆tsGpSwX8mo

動物の医療で使う単語と人間の医療で使う単語はだいたい同じ。

5カ国語で使える医療用語ハンドブックみたいなのを使えば

だいたい、いいんじゃないかね?

>>303

犬じゃないんだから。。。

それはそうとみんなどこでペットを手に入れてるの?

305名無しさん

>>304

士ね

306たきーな ◆TAKINAt84E

>>304=兄さん、

周りを見る限り、

知人、友人や家族から譲り受けることが多いと思います。

先日、友人から

「ラブラトールを飼わないか?」と言われました。

上司の家にいる犬が子供を四匹産み、

その家では育てられないから、飼い手を捜していると言うことでした。

今回は断りました。

しかし、本心はとっても彼と共同生活をしたい気持ちでいっぱいです。

もう少し大きな家に引っ越したら飼いたいと考えています。

308兄 ◆tsGpSwX8mo

>>306

ラブほしぃぃぃぃ。。。

金がないとかそういう事以外に、

「動物を金で買う」っていうのに抵抗あるので、

そういうシチュエーションは燃えますねぇ。。。

うーん、自分にはいろいろ制約ありすぎて無理だなぁ。

フランス人が自分の車んなかにずっととじこめてるのを見たりすると、

飼えないことはないんだろうけど、なんかやっぱ無理だなぁと思います。

315名無しさん

街で柴犬を見たよ (;´Д`)ハァハァ

クルッと丸まった尻尾そして丸見えの*、真っ黒な鼻…

やっぱ和犬最強

316名無しさん

>>315

分かる。

こちらで、バタ臭い犬ばかり見ていると(それももちろん可愛いが)、

あのさっぱりした感じが確かに (;´Д`)ハァハァ

317名無しさん

>>316

日本男児って感じですか?

319名無しさん

>>317

うん。

なんか、こー違うんだよねー。

中国でも韓国でも他のアジアの国でもない『日本の犬』って感じでさー。

もちろん、他のアジア諸国を馬鹿にしたり卑下したりするつもりは毛頭無いけど、

柴犬は『日本の』魅力に溢れていると思う。

この街(パリだけど)の中に、ぽつんといたりすると、ぱっと目が行っちゃう。

豆柴なんか見た日にゃ、その日一日気分がハァハァ(;´Д`) イイモンミタ だろーねー。

おお、熱く語ってしまったぞ。

330名無しさん

このまえ、すごくカコイイお兄さんが犬を連れて散歩してて、

犬がウンチョススタイルをとった瞬間、ポケットから

円錐状に丸めた新聞紙をサッと取り出して、犬の*の

下にあてがっていた。当然ウンチョスはその紙筒の中へ。

お兄さんはくるっと紙筒をねじってゴミ箱に捨ててました。

あまりのよどみない動作に感動。ウンチョスを

処理してても絵になる人は始めて見たよ。

331名無しさん

>>330

大藁〜 でも偉いね。

345名無しさん

ネコも散歩に連れて行けばいい!

390わむて

これからもわむてを応援してくださいね〜

みるまらっっ!!!

‾‾∨‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

,‐ ‘ ´  ヽ

/ i lレノ)))

/ 人il.゜ ヮノ

⊂)Yib    /⌒)

く|: _フつ/@ニ)’

∪ / ,/

._/@二)

`ー—'”

455名無しさん

何も変えてないけどな。

つか、ウシシと間違ってるんじゃないのか?

ウシシ→アナノレ作家

漏れ→アナル作家

だから。

ったく、ウシシはもぉ!(www

573名無しさん

タイは無益な殺生しない国だと聞いたが?

野良犬も去勢避妊してから、また逃がすらしいな。

それもいいかもと思ふ今日この頃。

皆さんのペットは元気ですか〜?

574名無しさん

タイでは猫をすごく大切にします。野良猫ってあんまり見ないですね。

野良?って思っても実は飼われてることが多い。血統書付きなら短毛種が人気です。

長毛種は抱くと暑いってあんまり好まれない・・・w

575名無しさん

>>573

元気じゃありません。

一週間前に半生を共に過ごした17歳のにゃんが逝ってしまって、

自我呆然としてましたが、虹の橋を読んで少し癒されました。

もう一匹の猫は、家のラブが散歩の途中で見つけた子で、

長毛種と短毛種のハーフで、大変元気です。

にくきゅうの間に毛がふさふさ。しっぽもふさふさ。

>>574

ギリシャやエジプトなんかも皆、猫が居て当たり前って思ってるのがイイですね。

人間だけが地球の住人じゃないってのを分かってる。イタリアもかな。

576名無しさん

>>575

17年もいたら大往生だね。

ニャンコも>>575さんに愛されて幸せだったろう。

577名無しさん

東南アジアの某イスラム教の国に住んでます。

ヨーロッパいいなぁ〜。

わんこ飼いですが、住む処・飼育頭数に規制があり(年々厳しくなっていく)

ある年なんて市が決めた頭数以上の犬は殺してビニール袋に入れて持参してなんてことが

!(ケンネル・SPCA・サービスドッグ協会等の抗議でお流れになったけど)

規制が厳しくなる一因に野良犬の処分費の高騰があるんだけど、

そのまま犬の飼い主に責任転化する姿勢がいやん・・・

登録料・飼い犬管理に関してもっと厳しくするなら解るけど、

今まで飼っていたわんこを殺せなんて馬鹿馬鹿馬鹿〜

たまに隣の微笑みの国とグリーンシティがとても羨ましくなる〜

578575

>>576

ありがとう。また涙が・・

>>577

もしや、印度ネシア?

イスラム教の人達って私が犬連れてると、皆避けて通るんで、

??と思ってイスラム通の友人に理由を聞いてみました。

するとまず、モハメッドさんが犬に噛まれたのが第一の理由で、

あとは、犬がよくウンチョスの臭いを嗅ぐので、不浄のものとして触わらない、そうです。

言われてみると、確かに怖がっているというより、触わられないようにしてる人が多いんですよね。

イスラム教国に生まれたワンちゃん達はチョトかわいそうですね、

飼ってたワンを殺せるひとなんて居るんでしょうか?

ヨーロッパは確かに犬猫が市民権得てるかも。

630名無しさん2009-10-10 03:24:04

犬のうんこだらけ。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする