イカダで太平洋横断ってどうやればできるの?

1名無しさん@お腹いっぱい。

冒険というジャンルの中で、かつてこれほど

好奇心を煽るものがあっただろうか!!

なにをどうすればいいの?おしえてください

経験不問

13名無しさん@お腹いっぱい。

>>1

風船おじさんに質問した方がよさそうだよ。

今どこにいるかな。

11名無しさん@お腹いっぱい。

満月の夜に見渡す限り地平線の太平洋に一人浮かんでいるなんて恐ろしい。

14名無しさん@お腹いっぱい。

>>13

只今、成層圏です

地球378回目の一周だとさ

26名無しさん@お腹いっぱい。

実は「関空」は浮き桟橋でした!とか言ってくれないかな

あそこなら2000人ぐらいは生きていけそう

小さな発電所とか作って自由気侭に生きつづけれそう

あーなんか関空を題材にマンガかけそう

33名無しさん@お腹いっぱい。

>>26

イイねー、朝起きたら関空以外の土地が伝染病か核兵器で日本人消滅(orネクタール化)で本土に上陸できず

関空にいた人々で小国家創設。民主主義→暴動→帝国主義に変遷して最終的に

皇帝と女子職員(スッチー含む)のハーレム状態。

そこからレジスタンス勃発の王道パター・・・・

すれ違いの妄想すまん

34名無しさん@お腹いっぱい。

>>33

飛行機で脱出ができないのか?とマジレス

36名無しさん@お腹いっぱい。

>>34

到着先も荒れている設定

35名無しさん@お腹いっぱい。

関空にエンジンつけてハワイ目指そうぜ!とか言ってみる

3833ですが今日も酔ってます

>>34  >>36

酔っ払いの妄想にマジレス、補完 ありがとん

>>35

とりあえず関空vs中部国際空港(建設中)かと妄想

ところで昔のアニメ「南の島のフローネ」で島脱出時、筏に家畜積んでたけどありえない? よね!

司馬遼太郎の「菜の花の沖」で筏で大阪→江戸間を丸太の筏で横断する下りが有るけど

当時の江戸っ子が驚嘆し船乗りが呆れ果てるほどの愚行だったそうな

晴天時でも波が酷く、嵐が近づいてるのが分かってても一本マストじゃ回避するのが困難

突入すると転倒・分裂・・・・

52初心者DESU

こち亀で出てきそうな話だな。

120hana2006-06-14 21:07:47

筏横断中のライブ中継観てみたいですね。

127Hana2006-08-05 23:49:14

遭難を装って密航する、、、、てのは?

めんどくさい事になるので正規に計画書を作って、正しく出航しましょう。

北海道の稚内から樺太までウインドサーフィンで密航したフランス人がいた

けど、順風で4時間くらいで到着していたと想う。

海岸にたどり着いた彼を非番のロシア人がウオッカで乾杯してくれたと言う

話を雑誌フォーカスで読んだ記憶あり!。

128名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-06 13:34:26

>127

それは面白そうですね!

イカダはちょっと恐いから100万くらいの小型船でそういうのやってみたい。

手続きとか詳しくレポートしてる本とかHPって無いですかね?

探してるんだけどなかなか見つからなくて・・。

130Hana2006-08-08 00:44:27

ロスからシーカヤックでハワイまでたどり着いた強者も居たと記憶している。

到着までの最後の3日間は食料が尽きて、歯磨き粉を舐めていたというから、、。

当然、自宅の方では死んだ事になっていて、葬式も終わっていたという話だった。

127のフランス人は、その後日本の石垣島か西表島辺りからフィリピンに向かう

冒険の途中で遭難していたと思う。そうとう波が荒くサーフィンでは無理だった

んだと想う。同じ場所でタンデムのウインドサーフィンでフィリピンに向かった

日本人二人組みも遭難していた。日本の島にサーフィンの本体だけが打ち揚げら

れていたと記憶している。

このサーフィンはシーカヤックを少し大きめにした形で、中に二人が入り込んで

寝れるスペースまで作ってあったように記憶している。

132名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-08 09:27:53

>>130

23fくらいの船外機艇のほうがまだましだったかもな

カヤックのような人力で・・ってのが冒険なんだろうけど

>>128にもあったけど、小型のボートで国際的な冒険している人っているのかな?

131名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-08 02:06:09

横浜から船室の無いヨットで太平洋横断中。

hhttp://www.alessandrodibenedetto.net/the_catamaran.htm

早ければ今週中にも到着

157あまてらす2006-08-14 18:08:38

>>131

一人で……というのがきつかったでしょう。精神的にも。

エクアドル式の筏の場合、“ グアラ ”という可動式竜骨を組み込んでいるので

操作性は良いようですね。このグアラは、けっこう使えるそうです。

それなりに近くの小島に避難したり、台風の進路を避けたりはできるようですが

、筏の長所の一つは“ 沈まない ”ことですから。

現実的には、“ 神様のバカヤロー ”と叫びなら、もみくちゃにされてる……

そんなイメージだと思いますヨ!

133名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-08 10:32:27

>>132

手漕ぎによる大洋横断については以下で進行形が紹介されてます

hhttp://www.oceanrowing.com/

船外機艇でオーストラリア-沖縄

hhttp://www.honda.co.jp/marine/outboardmotor/trust.html

スイス在住の日本の方がスイス-日本を目指しました

hhttp://www.swissinfo.org/eng/swissinfo.html?siteSect=111&sid=5355335

141名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-10 17:53:49

スレ違いだけど、

エンジン付きの小型船で外洋に出る場合だと、六級海技士の資格者も

一緒に行かないとダメなんですよね。

一人じゃ無理なのかなあ。

144あまてらす2006-08-11 11:13:31

資金というか、YUKI君は出航できれば良し と考えているん

です。はじめた当初は、必要な物品はスポンサーからの無償提供で

集めようと考えていたようです。

>スポンサーを付けたために引き返すことも出来ない!ような事には

絶対になって欲しくないし、、、。

まず、YUKI君は引き返そうなんて考えないのではないか、と……。

(T_T)

彼の脳みその中を覗いてみたい (@_@) ぐらいで、なぜにそれほど

までねばり強く、意志強く動けるのか。

あの、“ 絶対にやるんだ!! ”という意志の発露には正直クラクラ

する (*_*)

すでに必要な資金などは計算してあるのですが、私としても、その

額に満たない資金を集めてもそもそも意味がなくなってしまうわけで、

かといってグズグズと資金集めるために月日をかけても、それも難し

いと思うのです。

自分としては、“ 商品の広告料 ”代わりに、資金提供をお願いで

きないかって考えたのです。YUKI君の冒険が人々にこれだけ注目

を集めているのです、と。支持されている、と。

_(._.)_ _(._.)_ _(._.)_ _(._.)_ _(._.)_ _(._.)_ _(._.)_

彼が考えているような冒険って、フツーにある話ではないので、興味

持たれた方で、知りたいこと・聞きたいことがあるのでしたら、話せる

ことはお伝えできますし。

>>141

そもそも、“ 筏 ”を縛る法律自体が無いのではないでしょうか?

(。-д-。)ゞウーン

動力付きのものであれば許可が必要のようですが……。

法律家も、「筏で外洋を渡る」なんて想定してないのではないか、と。

ですが、緊急事態のために必要備品はそろえますし、エクアドル政府

が指示した物は持っていきます。

151hana2006-08-12 10:52:51

>>144 まず、YUKI君は引き返そうなんて考えないのではないか、と……。

(T_T)

ウン。怖くなって引き返すという意味じゃなくて、どうしようもない理由と

云うものが発生したとき、バックアップしてくれた存在や資金面で援助してく

れた企業への遠慮から適正な判断が遅れてしまうことを憂慮している意味です。

南極点を目指した犬ぞりは、フォークランド紛争勃発のためアルゼンチン

軍の全面的バックアップが得られなくなった。ココで中断する勇気は想定外

であってはならないと思うのです。

149名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-11 20:26:57

100万以下でエンジンのようなものが付いていて

一人で気楽に(肉体的にはハードでも)航海できるやつ紹介してくれ

できれば維持費が安いやつでおながいします

152名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-12 19:37:23

>>149

現実的には中古のヨットですね。安い中古艇はあるけど外洋長距離と

なれば、艇の補強や一人用の装備も必要になるので、百万は厳しいかも。

158hana2006-08-15 11:00:53

>>157「現実的には、“ 神様のバカヤロー ”と叫びなら、もみくちゃにされてる……

接近する台風に、「このやろぅ!  ばかやろうぅ!  …..」

堀江謙一さんもこんな感じだったような・・・。(つうか、皆そうなんだ)

出航してしまえば、あとは恐怖と孤独と・・精神的な部分での闘いになるんだろうな。

やはり、過保護な冒険は魅力ない・・・つうことだ、、。

160名無しさん@お腹いっぱい。2006-08-16 12:44:23

>>157

んなもん、2人でいたってケンカしかしねーだろ(w。

2人乗ってて1人が落水すれば残りが( ゜Д゜)マンドクセーから1人がいいな。

あと台風どころか大シケも知らないけど、小シケでも舵に

しがみついて船を安定するのと「あと何ができるか」を考えるのに

忙しかったっす。神様とか台風に文句言ってる暇は無いと思われ。

220名無しさん@お腹いっぱい。2007-05-18 14:27:26

渡りたい方へ 金と時間と自己責任があれば、渡らせてあげます。請け負いします。

221名無しさん@お腹いっぱい。2007-05-19 00:17:50

金と時間はいくら必要

231名無しさん@お腹いっぱい。2007-06-13 02:48:55

ガッカリだよ

232hana2007-06-13 19:34:21

>>231 ガッカリだよ

↑ (どうしました?)

237hana2007-06-16 00:22:24

数年前に、カヌーで日本海横断とか考えてましたが、

意外と出来たかも?っておもいます。

海保のレーダーに船影は映らないでしょうが、民間の漁船に

見つかって通報される可能性は高いですね。

240名無しさん@お腹いっぱい。2007-06-19 10:47:13

>>237

シーカヤックで日本一周するのは、年に2〜3人はいる

太平洋岸を縦断したセーリングカヌーは有名だね

原子力発電所に近づくと保安庁が近寄ってくるらしい

漁船団がシーカヤックを見つけた場合、避けるのに

パニックになる模様

241hana2007-06-19 21:36:19

>>240]

よく晴れた海を島伝いに漕いでいますと、一艇のクレジャーボートが

白い波を立ててこちらに向かってきました。

・・・・・・

よく観るとデッカイ!  船艇にPC-55のマーク・・・。

海保の船のようでした、、。

明らかに船を泊めてこちらを見てるようでしたが、

なんら問題なくやり過ごしました。

242名無しさん@お腹いっぱい。2007-06-20 00:38:31

ホクレア号は!?

hhttp://www.sponichi.co.jp/seibu/column/envi/KFullNormal20070430145.html

243hana2007-06-21 19:20:21

>>242

再度読んでみました。

私やはり言い過ぎたようです。

235で、アレは船だ!などど言ってのけた事を後悔してます。

乗組員は、やはり凄いです。

ホクレア号の本が出版されたら必ず読みます。

258名無しさん@お腹いっぱい。2008-03-12 00:37:31

いかだの上にソーラーシステムを並べてモーターでペラを回す。

261名無しさん@お腹いっぱい。2008-04-27 19:30:17

>>258

中央付近にキャビンがあって、同様のものが裏側にもあるんだ。

で、転覆したらそっちに引越し。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする