馬の薬品・飼料について

1名無しさん@お腹いっぱい。

馬用(動物用)の薬品って普通の薬局には売ってないよね。製薬会社に注文するしかないのかな?

あと飼料もエースや優駿使った方がいいのかどうか。本で調べたら草や麦だけじゃだめそうな感じだし。

需要は少なそうですけどスレ立てちゃいました。

3名無しさん@お腹いっぱい。

>1

サプリメントとか栄養剤系は馬糧屋が持ってくるけど、医薬品扱いのものは

獣医か薬屋だな。厩舎に出入りしてる薬屋に聞いてみなよ。

>2

配合飼料ってブロイラーかよ(w それを言うなら穀物飼料だろ

4名無しさん@お腹いっぱい。

>>2

麦、ヘイキュー、あと乾草あげたりしてますがそれで充分なのであれば

いまのままいこうかと思います。

>>3

やっぱ薬やになりますかね。さっきいろいろHP見てみたんですが、動物用薬品

製造してるとこってあんまり多くなさげだったもので。

5名無しさん@お腹いっぱい。

>>3 馬でも牛でも穀物とかから作って配合したら配合飼料だろ

hhttp://www.rakuten.co.jp/animalsanta/111284/

hhttp://www.s-iwasaki.jp/uma/uma.shtml

hhttp://www.lex-inc.com/other/2003/food/

hhttp://www.rexind.co.jp/proforma12.html

まあどうでもいいけど

36名無しさん@お腹いっぱい。

笹針もブリスタも患部を一度傷つけて、あとは自然治癒力に任せる治療法だろ?中央競馬じゃあしょっちゅうやるよ。厩舎にもよるけど。

カンメルなんて今時使ってたらそれこそ馬鹿にされるよ。ドーピング引っかかるかもしれないし。

38名無しさん@お腹いっぱい。

イソジンシュガー

エレース軟膏

41名無しさん@お腹いっぱい。

蟻洞が原因の蹄葉炎て有効な薬とか餌ってあるかな?

42名無しさん@お腹いっぱい。

>>36

「自然治癒力」なんて迷信。

そんなものがあるなら蹄鉄まで全部外してしばらく放牧しておけば全部治るはず。

獣医に、傷を付けてまで求める「効果」を洗い出そうという意志があれば、

野蛮な治療法はなくなるのだが…。

カンメルは競馬ならともかく、乗馬で引っ掛かるの?

ついでに、カンメルはブリスタよりマシという程度で、推奨しているわけではない。

カンメルが有効なのであれば、焼酎よりワセリンと混ぜて塗るのがいいだろうね。

>>38

…そんな治療を勧める獣医は避けた方がいいです。

>>41

抗真菌剤による対症療法と、フーフフードなどによる蹄の補充および予防目的の

食餌療法を平行するしかないのかなぁ?

他にいい手がないか考えてみるか。

44名無しさん@お腹いっぱい。

>>42

イソジンシュガーの何が悪いのか俺には理解できん。

鞍傷=Pressure Soleなのだから、

良好な肉芽を盛り上げ上皮化を促進する治療で間違っていないはず。

さすがにインシュリンガーゼはやりすぎだと思うけどね。

47名無しさん@お腹いっぱい。

>>42

蹄鉄はずして放牧ってのもあるよ。競走馬じゃそんな時間はないけどね。

51名無しさん@お腹いっぱい。

>42

馬術では公式競技では馬のドーピング検査もある。

基準は競走馬と同じか、場合によっては厳しい。

45名無しさん@お腹いっぱい。

>>44

hhttp://www.asahi-net.or.jp/~kr2m-nti/wound/wound079.htm

水できっちり洗って閉鎖してみよう。

頭で理解するより、閉鎖療法を一度おためしあれ。

46名無しさん@お腹いっぱい。

閉鎖療法(人間ならアルミホイル法とか)は俺は好かんのだ。

Pseudomonas aeruginosaが生えるから。

50名無しさん@お腹いっぱい。

>>46

hhttp://www.asahi-net.or.jp/~kr2m-nti/wound/wound128.htm

hhttp://www.asahi-net.or.jp/~kr2m-nti/wound/wound148.htm

緑膿菌が繁殖するのは、デブリードマンが不完全か、消毒薬を使用する影響では?

>>47

「人が乗ることそのものが不自然」という根本に立ち返った発想だから、

「効果」はあるけど、乗ったらまた再発してしまう。

獣医としては満足だろうけど、乗馬としては何も解決してないような。

蟻洞の馬は「良い蹄が早く伸びてくるように」するべきだし、鞍傷は「装鞍から

見直して傷が出来ないように」する。

放牧だけの馬には不要だが、乗馬には必要なことを改善する。

これが本当の「乗馬の治療」だと思う。

53名無しさん@お腹いっぱい。

>>50

放牧して効果があるんならいいんじゃないの?そのあと同じ様に扱えば再発するだろうし、そんなことぐらいわかるだろ。

52名無しさん@お腹いっぱい。

>50

病気や怪我の原因を取り除いたり改善する事と、

馬が自分で治ろうとする環境を整えてあげる事は両立できるとおもいますよん。

57名無しさん@お腹いっぱい。

>>51

採尿に立ち会ったことあるし、トップギアの件も知ってるけど、

カンメルの成分が引っ掛かるのは調べた限りでは競馬の基準だけ。

JEFの禁止薬物リストとかどこかにないのかな?

>>52

1行目と2行目は違うように見えて同じことを言っている気がする。

ただ、2行目の実践が「完全放牧」=「長期間乗馬として使えない、調教できない」

ではあまり意味がないわけで。

>>53

「そんなことぐらい」と言っても、実際にどれだけの具体策が打てるかが問題。

運動を軽くするのは「治療」ではなく「妥協」なので。

なお、重度の故障を完全放牧に出して直すこと自体は否定しませんが、

・「乗馬として長持ちさせること」を前提に飼育方法から考え直すのを忘れずに

・「放牧」が「自然治癒力」による回復としても、ブリスタや焼烙がそれを

増幅させることにはならない

という考えです。

58名無しさん@お腹いっぱい。

トップギアって何がダメだったの?

59名無しさん@お腹いっぱい。

カリ石鹸って今でもあんのか?

61名無しさん@お腹いっぱい。

>>58

バナミン(鎮痛剤)使ったんだよ。(陽性反応が出た)

馬術(ヨーロッパの競馬も)は基本に愛馬精神があるから痛み止めを使って

競技やレースに出れないんですよ。

もちろん日本の競馬でも使用禁止薬です。

>>59

ありますねー

60名無しさん@フルドーピング

フーフフードなどなど、いろいろな名のBIOTIN配合サプリメント

ありますが、いったいどこのがコストパフォーマンス高いのですか?

得喰いストローのものは、よく良いと聞くのですがホントですか?

62名無しさん@お腹いっぱい。

>>60

フーフフード使ってますが、3ヶ月以上使わないとだめですね。

それが効いたか、季節が変わったからか原因はわかりませんが・・・

コストパフォーマンスを考えると一番良いのはは飼養環境の改善ですか。

馬房や放牧地パドックを綺麗にするのが基本だと思ってます。

64名無しさん@お腹いっぱい。

>>61

レス㌧クス。

バナミソかぁ。それか他クラブの椰子に打たれたって薬は。

63名無しさん@お腹いっぱい。

>>62

激しく同意。

爪を清潔に&体調を良くして血行を促進させ質の良い爪が伸びるようにする、

というのが根本だろうからね。

飼葉もケチらず贅沢にいきましょう。

フーフフード3ヶ月…というのはその他の要因(飼養環境改善)の方が大きいでしょ。

気休め程度なのかな。

68名無しさん@お腹いっぱい。

>>63

フーフフードをはじめ蹄用の補助添加剤は一応蹄の成長促進と修れんのための

銅や亜鉛も入っていると思いますよ。銅は意外と不足しがち。

馬の養分吸収には個体差がありますので、他の飼料を含めて合っている飼料を

給与してやりたいですね。

油(油脂)についても長所と短所があるので与えすぎに注意。

軽種馬飼養標準(1998JRA)やNRCに要求量は記載されており大抵の教科書は

これらから引用しています。

ちなみに軽種馬飼養標準はまもなく2004改訂版が発刊されます。

72名無しさん@お腹いっぱい。

飼料計算の出し方を教えてほしいどす。

74名無しさん@お腹いっぱい。

飼料販売ってどの業者がいいの?

値段とか質とか・・・わかる人居らん?

77名無しさん@お腹いっぱい。

>>72

>>74

hhttp://www.jrf-nikkei.co.jp/

関係者ちゃうけど、飼料会社はこういったページ多いから勉強してみては?

78名無しさん@お腹いっぱい。

>77

どうみても個人サイトですな(w

でも好感もてるけど

79名無しさん@お腹いっぱい。

>>78

関係者ちゃうけど、と前置きするが、

個人サイトふうなページになってるだけで、

個人サイトではありません(詳しくは会社概要を見る)。

薄利な個人相手に販売してくれてありがとうと素直に感謝します。

100名無しさん@お腹いっぱい。2005-05-02 23:35:19

どっちが正しいのか分かりません。

156名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-07 22:45:31

>100㍍くらいまでの障害

その馬欲しい。

133名無しさん@お腹いっぱい。2005-09-14 02:18:02

骨瘤にブリスタ使ってるんだけど痛みがなかなか引かない・・・

どうすればいいかな?

134名無しさん@お腹いっぱい。2005-09-15 18:34:08

>>133

焼きを入れると後は残るけど、治ります。

1351332005-09-17 14:35:23

>>134

このままブリスタ使い続けても治りませんかね?

さっさと焼きを入れたほうがいいのだろうか・・・

142名無しさん@お腹いっぱい。2005-09-18 22:30:13

ムトンハップですよね?

お湯に溶かして蹄を洗いました。

独特の黄色い色と硫黄のような匂いを思い出します。

これって使い方を間違えてましたか?

現在も蹄叉腐乱の治療中で、スラッシュバスターを使ってます。

1491462005-10-07 17:42:39

返事ありがとうございます。虫下しはしてあります。

運動量は1日に45分を1〜2鞍で、週5日動かしてます。

エサはヘイキューブ朝4.5キロ、夕5キロこれにふすま、麦を一升ずつくらいやってます。馬体重は550キロくらいの馬です。

1501472005-10-07 19:02:24

>>149

ヘイキューブは安価ですが、余り上げすぎないほうが良いと思います。

むしろ、サラダオイルなども入れてカロリーを摂らせたり、圧ペン大豆でタンパクを摂らせて見ては?

153名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-07 20:53:43

丁寧にどうもです。少しずつ入れてみようと思います。

あの実は最近えん麦も頼んで今日届いたのですがこれもカロリーは高い方なんですか?

あとこの際エサとか薬のコトいろいろ聞きたいのですがいいですか(>_<)?

154名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-07 21:58:05

>>153

燕麦のカロリーのことですが、どの飼料と比べてのことですか?

乗馬クラブで一般に使うことの多い大麦との比較と仮定すれば、

特に高カロリーということはないです。

麦の中では粗繊維分の含有比が高く、高たんぱくであることが特徴です。

ただし大麦と比べると若干ですが値段が高いために大麦を選択するクラブもあります。

>>150-152にあるような大豆やサラダ油とくらべればカロリーはあまり高くありません。

痩せやすい馬とのことですが、運動の質のほうはどうでしょう?

人間もですが、馬でも運動と食物とのバランスは非常に大事ですよ。

155名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-07 22:18:54

そうですか。えん麦の方が馬には良いって聞いたので…。

そうですね〜人と同じなんですよね!運動の質の方はほとんどフラットワークをして100㍍くらいまでの障害をやっています。あまり乗れるという訳でもないので高度なコトはやっていません。

160名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 06:51:56

みなさん、よろしくおねがいします(^O^)

馬は18です。初心者ばっかなのでハミ受けまではなかなか難しいですが、週に1回は自分がのってハミ受けさせて輪乗りとかで体をやわらかくしてます。

161名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 08:09:57

カロリー濃度を高めると間接的に疝痛

の原因になるし、

飼料給与量をいじるには

軽種馬飼養標準を勉強したほうが

いいと思うが

1741542005-10-10 00:37:59

>>160

けっこ、トシですね。

冷えっ腹なんか起こさないようにちゃんと運動してあげましょう。

学生ってことでよかったでしょうか。そーなると予算的にもカナーリ厳しい状況でしょうから

あんまり贅沢なことも言ってられないでしょうね。

たぶんサプリメントなんかは一時的には使えても・・・て感じじゃないですか?

とりあえずは>>161氏の指摘してくれたとおり軽種馬飼養標準を参考に試算してみると

いーんじゃないかと思います。あれだって学生の身分だとポンと買えるほど安くはないです

けど、たぶん周りの厩舎をあたってみれば同等の資料はどっかから出てくると思います。

(たしか¥3,000くらいじゃなかったかと)

まあ、「ガレたら増やせ、太けりゃ絞れ」系の勘所をつかむのも大事なことではあるんですけどね。

とくに「健康な馬体」がどんなものか見極める目を作るためには。相手は生き物なんで資料や

教科書のとおりにはいかないのがむしろ普通だし。とはいってもガレ過ぎたりデブったりしちゃ

あとが余計に面倒なんで最低限の知識も同時にもってたほうが無難は無難ですね。

あと個人的な経験則の一部ですが、痩せやすい高齢馬の場合で同時にハライタをやりやすい

ようでしたら電解質の不足に気をつけてみてください。とくにプレッシャーに弱いタイプの馬だと

結構それだけでよくなったりすることがあります。経口補液剤も牛用のものなら馬用の銘柄で

市販されてるものみたいにバカ高くなくて使いやすいと思います。獣医さんに相談してみましょう。

ただ当然ですけど理科研は通してないからトップレベルの馬にはだめですよ。

あと、割と安くてビタミンやミネラルの補強用にバランスが悪くないのはビール酵母ですかね。

獣医用の整腸剤として20kgの箱詰めで売ってるのがあります。1頭1日20gとすれば20頭で使っても

優に1ヵ月半はもつ量です。もちろんこぼしたとか傷んだとかのロスも計算に入れて。

北海道の大手N牧場にいる友人に聞いたのはヤクルトでしたw

ホントかよ、と当然私も思ったのですがほんとにいいらしいです。

ただ自分では試してないのでなんともいえません。

だって馬にやるくらいなら自分で飲みたいもの(^^;)

164名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 14:49:29

>個人的にはヘイキューブを粗飼料としては考えたくないです。強すぎます。

ヘイキューブ普通品の可消化エネルギーは1.9Mcal/kg、タンパク質は15%

チモシー乾草出穂前の可消化エネルギーは2.2Mcal/kg、タンパク質は13%

タンパク質の過剰給与はそれほど大きな問題ではないと思います。

ただ、現在の栄養学には限界があるので、ヘイキューブオンリーよりもイネ科

と組み合わせたほうがベターだと思いますが、「ヘイキューブが悪」という

印象しか残らない書き方はどうかと思います。

むしろヘイキューブの問題点はカルシウム含量が高いのですが、シュウ酸結合

されているために利用しにくい状態にあるのでカルシウム給与量に気を配って

飼料設計しています。

1661542005-10-08 17:32:22

>>161

お見事でございまつ。

すべての飼養管理者がそのくらいの知識と経験をもっていれば147氏のように

迷ってここまで流れてくることもないと思うんですがね。

特に強い運動や強度のストレスにさらされる環境になりやすい競技馬を扱う上では欠かせない

内容かと思います。貸馬の場合はそんな時間があれば稼いでろ、みたいになりがちなので

ある程度その辺には目をつぶってでも摂食時間当りエネルギーで飼料を設計せざるを得ない

場合もあるですけどね(かわいそうだけどお金は大事なんです、みんな ^^;)

ちなみに、いま私の扱っている馬の飼料についていうと濃厚飼料比は25%〜45%のあたりで

調整します。比率の変動が激しいのは、負荷運動量が時期的な問題で大きく変わるからです。

で、最強度の運動時には下手すれば競走馬の基準もはみ出すくらいの消費カロリーになります。

あまり詳しく書くと私がどこの何者かバレちゃうんで勘弁してください。

で、ヘイキューブ=悪みたいに書いたつもりはないんですが

だいたいの乗馬の厩舎では主要飼料の第一選択肢になってると思いますし。

ついでに、いまは私もヘイキューブユーザーです。安いからw

もひとつついでですが、私のところもやっぱりメインの粗資料は乾草で、ヘイキューブは3度の

飼のときに濃厚飼料の一部(分量だけ見れば半分ですけど)としてみてあります。

ただ、乗馬クラブの自馬や競技馬の管理用途に使う飼料として考えるとあんまりメリットないかなー、

てのが正直な印象です。 摂取時間当たりカロリーはかなりのものになるので、乗馬クラブの貸馬とか

いま自分で使っている馬みたいにこれでないと予算がクリアできない(当然えらい量を食べます)とか

ならとても重宝な飼料なんですが。

結局は牛用、ていっちゃうとまたカドが立ちそうですけどもともとは肥育用のヘイキューブを

そのまま転用しているのが現実ですし、品質も乾草などと比べるとあまりほめられない気がします。

ホントは>>164みたいにしたいんですよー。

食が細いのがいるんでそんなところでも苦労させられるし。。。

168名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 19:56:35

ヘイキューブは疝痛の原因になるから自馬持ったり馬術部で多少の手間をかけられるなら切り乾草

にするべき。

カロリー計算はぶっちゃけする意味がない。太いなら少なめ、ガレてるなら

多めになればいい話だから。それより大事なのはビタミン等の栄養素。

ビタミンをしっかりとらなければ蹄が悪化したり、馬がイライラしたり、

障碍着地の衝撃で急にパキッとヒビが入ったりする。濃厚飼料はやりすぎると

馬がイライラしやすくなる。

169名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 23:33:21

>>166 しっかりと考えてやられていますね。

私も初心を忘れずに精進していきたいです。

>>168 そういう経験則もすごく大事だとは思いますが・・・

エサを少なめにした場合、馬が腹を減らしてイライラする

ボロを食べることにつながっていく

そこから、いろいろな悪癖や事故につながっていくと考えています

ビタミン、ミネラルがとても重要であることには同意です

1701682005-10-08 23:48:47

>>169

エサを少なくするとは誰も言っていません。日本語理解できますか?

カロリー計算をする必要は無いと言っているのです。

濃厚飼料を少なめにして切り乾草を多くすれば低カロリーで嵩も増えるわけですし。

理解できます?ビタミンに関してはパワーサプリ25やればOK。

あとは運動量に応じて高カロリーなものの分量を増やしていけばいい。

もちろん夜飼にでもロング乾草をやるのを忘れてはいけない。

171名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-08 23:59:20

>>170

日本語は理解できますよ

私の考えもだいたい同じですね

>カロリー計算をする必要は無いと言っているのです。

これがわからない

>濃厚飼料を少なめにして切り乾草を多くすれば低カロリーで嵩も増えるわけですし。

同量を増減させるということですか?

乾物要求量をどう考えているのかがわからない

172名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-09 06:40:04

>>168 >>170

こんな馬鹿はスルー汁

おまえこそ日本語理解できてないじゃねえの

ま これくらい低脳な香具師が馬を管理してるから

どんどん壊れていくわけだ

今まで何頭壊してそういう結論に至ったんだ?バーカ

184名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-14 22:39:51

>>171さん

個体差あると思いますがどのぐらいの期間続けたんでしょうか?

175名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-10 02:04:55

みんな匿名だと気が大きくなっちゃうんだね プッ

176名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-10 06:17:00

>>174 さすがプロ

>>175 逝ってよし

181名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-13 23:12:09

177です。自分はふつ-のサイズの乳酸菌飲料を一日一本与えていました。

量はとくに気にしなくて、500m?どばっとあげた日もありました。

おなかの乳酸菌(だったかな)の不足による悪癖なので、効能の合致する

サプリメントでもい-わけです。でもなんかかわいいですよね、

ヤクルト1本!て。

183名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-14 21:40:41

>181さん、感激しました!私もボロ喰いで悩んでいたので、、、

ありがとうございます(^3^)/

182名無しさん@お腹いっぱい。2005-10-13 23:29:15

ありがとうございます!

ボロ喰いにはそんな理由があったのですね。

お腹が空いてるから?だと思ってますた…ムチスギorz

早速試してみます!

211名無しさん@お腹いっぱい。2005-12-24 01:42:03

コータフレックスとか。

215名無しさん@お腹いっぱい。2005-12-26 19:06:03

>>211 お返事ありがとうございます。

効きそうですね。さっそく問い合わせしてみます。

237名無しさん@お腹いっぱい。2006-01-24 15:32:44

>>215 です。 調子いいです!!馬の歩様も表情も良くなってきて

素直にうれしいです。

2322122006-01-03 22:50:40

腐乱!臭いっすね

スラッシュバスタ使うんですか?

俺は貧乏人なので専ら610ハップですよ

264白馬に乗った名無し様2010-09-29 20:05:41

ドーピングスレはここですか?

272白馬に乗った名無し様2013-01-05 12:53:52

スレチですがまだしも近そうなので。親しくしているクラブのオーナーが高齢でもあり

いずれ解散するかもしれません。引き取り手がある馬は良いとして、そうでない高齢の

功労馬(とクセ馬)について、できれば養老馬として引き取れないか考えています。

今考えているのは敷き料についてです。入手・運搬・保管・厩肥としての保管・処分とも、

ココがひとつのネックかなと。他方、気持ちよく横にならせてやりたくもあります。

なので、牛舎のように、ベッドと、ボロや尿をするのとスペースを分けた馬房デザインができないものかなあと。

段差は危険ではないか、段差に縁をつけたら危険ではないか、その他、実例でも文献でも結構ですので

お知恵を貸してください。

278白馬に乗った名無し様2013-01-09 08:20:08

レストン。曲がり家まで遡らずとも、昔の貸し馬屋は土間でしたな。あれはただの土だったのか、

切り藁や塩を混ぜた三和土だったのか・・・?

>>土間に藁は相性サイアク

どうしてですか? 昔はこれが普通だったはずですが・・・

279白馬に乗った名無し様2013-01-09 15:08:13

>>278

言葉足らずですんません。

うちで使ってたのが山土で

多分土の質にもよるんでしょうね。

でも、うちは藁を使うと土にめり込んでって、どうしてもフラットに保てなかったんです。

めり込んだ藁から浸水するのか、だんだんと土間が湿っぽくなって。

だから相性良くないものと認識していました。

……多分、もっといい土間の作り方があるんだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする